教育

地理学演習I 2017(前期)

社会の出来事を地理学的に解明する

教室と時間
学術情報総合センター5階 ラーニングコモンズ
毎週月曜日、午前10時40分から12時10分

担当教員:山崎孝史(やまざきたかし)
研究室:文学部棟358号室
電話:06-6605-2407
Eメール:yamataka[at]lit.osaka-cu.ac.jp
オフィスアワー:事前連絡があれば随時面談可能です。

I 担当教員のプロフィール

1961年京都市生まれ。専門は政治地理学、特に地政学、社会運動、アイデンティティ・ポリティクス。調査フィールドは沖縄。日米安全保障関係の変化と沖縄の社会運動や投票行動との関わりを研究中。特技は合気道(4段)。

II 演習概要

本演習はこれまでの地理学演習Iとは異なり、受講生の個人的な限られた関心から演習課題を見出すのではなく、学術情報総合センターの研究資源を有効に活用しながら、受講生全員で課題となるテーマを選び、その背景、成り立ち、あるいは展開について相互に議論しながら解明していきます。演習の教室は学情センターのラーニンズコモンズ(5階)あるいは所長室(9階)を使います。

III 演習の構成と評価

(1) 出席と参加
毎週の講義には必ず出席し、討論には積極的に参加して下さい。出席数が2/3以上の受講生を評価対象とします。欠席の場合はできるだけ事前連絡をお願いします。欠席は減点の対象になりますが、病欠などの場合は診断書や治療費領収書のコピー等を提出すれば減点しません。

(2) 課題プレゼンテーション
授業期間中数回の発表が義務付けられます。いずれも与えられた課題について受講生の議論をリードする発表を行います。(評価配分60点)

(3) 期末レポート
学術論文の形式にのっとって期間中に取り上げたテーマをさらに深めるレポートを作成します。(評価配分40点)

(4) 総得点60点以上を合格とします。

IV 演習内容

 まず、演習進行のリハーサル・テーマとして「ジェンダーと空間」というテーマを取り上げ、性差の社会構築性と性差に関わる権力が生み出す空間の特性について考察します。そしてそうしたテーマに地理学はどのように接近できるかを考えます。このリハーサル・テーマでの取り組みをベースに次の共通課題へと進んでいきます。なお後期初めに「フェミニズム・ジェンダーと政治地理学」(仮題)と題する懇談会にご参加いただきます。

週番号 月日 テーマ
1 4月10日  イントロダクション:学情センターを知る
2 4月17日  共通課題1:ジェンダーと空間①
4月24日 海外出張のため休講
3 5月1日 共通課題1:ジェンダーと空間②
4 5月8日  共通課題1:ジェンダーと空間③ 
5 5月15日  共通課題2:外国人・人種問題の地理①
6 5月22日  共通課題2:外国人・人種問題の地理②
7 5月29日  共通課題2:外国人・人種問題の地理③
8 6月5日  共通課題3:高齢者をめぐる空間①
9 6月12日  共通課題3:高齢者をめぐる空間②
10 6月19日 共通課題3:高齢者をめぐる空間③
11 6月26日  共通課題4:労働者問題の地域性①
12 7月3日  共通課題4:労働者問題の地域性②
13 7月10日  共通課題4:労働者問題の地域性③
14 7月24日  補講(レポート課題概要発表)
15 7月31日  期末レポート提出

V 使用テキストなど

 参考文献(単行本・学術論文等)やサイトは学情センターで検索します。演習に関する諸連絡は専用のML(chiri-enshu)を通して行います。演習日以外にも質問などをポストすることができますので、活用してください。