おしらせ

「現代の地理学」第一回小テスト解答例と講評

「現代の地理学」第一回小テスト解答は以下の通りです。平均点は9.5点(最高点16点、最低点0点、12点以上得点者67名、受験者212名)とやや厳しいものでした。最初の小テストとあって対策や解答の仕方など不慣れな部分も影響したかと思います。次回も形式は変わりませんので、講義をよく聞き、教科書や講義スライドで予習しておくなど準備をよろしくお願いします。解答に際しての注意点も解答例の後に添えておきます。解答用紙は返却しませんが、各自の得点は期間中2回、照会できる期間を設けますので、その時に手順をお知らせします。

■解答例(あくまで例です、文言に応じて適宜、加点・減点しています)

①ヨーロッパ中世以降、商人や職人は都市に集住し、都市は周辺の農村部から明確に分化していく。その一つ例が囲郭都市であるが、この都市の住民は農村部に依存することなく生活していた。

【 依存することなく          】→( 依存しながら           )

②チューネンによる「孤立国」のモデルは、都市が周辺の農村にどのような影響をおよぼすかを図式化している。つまり、都市を中心に農業的土地利用のパターンは同心円状に変化するが、それは都市の人口属性に応じて利益が最大となる農産物が変わるからである。

【 都市の人口属性           】→( 都市との距離(遠さ、近さ)    )

③ワシントンDCの都心周辺地域には黒人低所得層が集住し、建造物が老朽化するなど貧困問題が顕在化した。しかし、地価の下落に応じて再開発事業が進むと、地価は上昇し、低所得層を立ち退かせる事態が発生するかもしれない。

【 貧困問題              】→( インナーシティ問題        )

 ④ヨーロッパで、1630年ごろから始まる第二次農業革命の特徴の一つは、それまでの三圃式農業にあった休耕地をなくし、換金作物を植えることで農業生産量を飛躍的に増大させたことである。

【 換金作物              】→( 飼料作物(マメ科牧草)      )

 ⑤1990年代以降の日本で、人口減少や高齢化が極度に進んだため存続が困難となった集落を限界集落と呼ぶが、こうした集落発生の前提として、工業化の進んだ地域への人口流出と、政府による農作物輸入政策があったとされる。

【 農作物輸入政策           】→( 減反政策(農業生産調整政策)   )

■解答に際しての注意点

・ 文章内の語句や表現を書き換える以上、書き換えた部分を使った問題文も文章になっていないといけません。日本語として自然でない表現は減点か不正解としています。これがなければ、もっと得点は上がったと思われます。今後、解答の形式には注意して下さい。
・ 解答スペースの中に入る程度の語句や短い表現の修正ですので、文章での説明を求めているわけではありません。的確に書き換えられていない解答は減点か不正解としています。
・ 15分という短い時間でのテストですので、講義での強調点を把握しておき、事前に教科書や講義スライドに目を通しておくなど準備が必要になるでしょう。