教育

大学院(オープン):地理学基礎問題研究・同演習 2019(後期)

境界と領域―その現実とイデオロギー
Borders and territories: their realities and ideologies

教室と時間: 文学部増築棟L363号室
毎週火曜日、午後1時20分から4時55分

担当: 山崎孝史(やまざきたかし)
連絡先: yamataka[at]lit.osaka-cu.ac.jp
担当者ホームページ: http://polgeog.jp/

I 担当教員のプロフィール

1961年京都市生まれ。2004年コロラド大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。専門は政治地理学、特に地域社会軍事化、地政学、社会運動、アイデンティティ・ポリティクス。調査フィールドは沖縄。沖縄の基地所在市町村の変容、日米安全保障関係の変化と社会運動や投票行動との関わりを研究中。特技は合気道(四段)。

II 科目の主題

この科目は地理学という学問がどのような課題と方法を持つのかについて、19世紀初頭における近代地理学成立以来の発展過程を振り返りながら、考察することを目的とする。とりわけ1950年代以降の英語圏の地理学における諸スクールの研究分野と基本概念について詳細に検討します。なお、本演習は学部生でも受講可能です。

III 達成目標

今年度は政治地理学における境界・領域研究の入門編として、理論的、概念的、実証的に境界(ボーダー)と領域(テリトリー)をどのように考察・分析すべきかをテーマとします。特に境界や領域の物理的、機能的性格にとどまらず、その構築性、象徴性、イデオロギー性についても思考を拡げ、さらには境界・領土紛争への解決策についても考えます。

IV 授業内容・授業計画

文献の精読と議論を中心に進めます。

週番号 月日 テーマ 課題文献(予定)
1  1月7日  境界研究入門1 『境界から世界を見る』1~3章
2  1月14日  境界研究入門2 『境界から世界を見る』4~6章
3  1月21日  境界と領域1 『政治・空間・場所』6章、山﨑2016
4  1月28日  境界と領域2   The territorial trap (Agnew 1994)
5  2月4日  境界・領土紛争1 『領土という病』1・2章
6  2月x日(補講)  境界・領土紛争2 『領土という病』3~5章

V 評価方法

  1.  出席・参加:毎週の演習では教員・受講生間で課題文献の内容について討議します。必ず出席し、積極的に討議に参加してください。出席数が2/3以上の受講生を評価対象とします。(評価配分20%)
  2. リーディング・レポート:各週の授業日の前日午後5時までに、その週の課題文献について要約、論評、および疑問点を提示した1200字程度のショート・レポートを電子メールで政治地理ML(polgeog2010[at]lit.osaka-cu.ac.jp)あてに送付してください。(評価配分80%)
  3. 評価:評点が全体の60%以上の受講生を合格とします。

VI 教材・参考文献

本演習のテキストとして以下を用いますので、購入・入手しておいて下さい。論文はリンクからダウンロードできます。
・アレクサンダー・C.ディーナー、ジョシュア・ヘーガン(川久保文紀訳)(2015)『境界から世界を見る―ボーダースタディーズ入門』岩波書店
・山﨑孝史(2013)『政治・空間・場所―「政治の地理学」にむけて』ナカニシヤ出版
山﨑孝史(2016)「境界、領域、「領土の罠」―概念の理解のために」地理61-6,pp. 88-96、2016年
Agnew, J. 1994. The territorial trap: the geographical assumptions of international relations theory. Review of International Political Economy 1-1, pp. 53-80.
・岩下明裕編著(2014)『領土という病―国境ナショナリズムへの処方箋』北海道大学出版会

VII その他

演習の課題ほかについて相談したいことがある場合は、遠慮なく山崎までご連絡ください。