政治地理研究部会とは

about

政治地理研究部会は2011年11月に人文地理学会内に初めて設立された政治地理学を専門とする研究グループです。1990年代から増加し始めた日本国内での政治地理学的研究と活発に活動する国外の政治地理学的研究を有機的に結び付ける目的で活動を開始しました。

政治的事象の空間的・地理的側面や権力・政策と空間や場所との関係に関わる幅広いテーマを視野に入れ、国内外の著名な研究者や若手学会員を講演者として招き、年間約4回の研究会を開催しています。その活動期間は2017年10月に第4期、7年目に入りました(1期の活動期間は2年間)。

研究活動の成果は、積極的に国内外に発信するとともに、さらなる研究の展開をめざし外部資金の獲得を模索し、2015年度(~17年度)には学術振興会科学研究費補助金(基盤研究B)「グローバル化の新局面における政治空間の変容と新しいガバナンスへの展望」(15H03277、研究代表者山﨑孝史)を獲得しました。そして、戦後日本では停滞しがちであった政治地理学を、現代社会を考えるアクチュアルな学問分野として周知・発展させることを目指しています。

政治地理学に関心のある方は、研究会やその他の部会活動に奮ってご参加ください。


2017-19年度設置申請書

2015-17年度活動報告書

2015-17年度設置申請書

2013-15年度活動報告書

2013-15年度設置申請書

2011-13年度活動報告書

2011-13年度設置申請書