政治地理研究部会 第21回、地理思想研究部会 第124回合同研究会開催のご案内

叫びの都市――寄せ場、釜ヶ崎、流動的下層労働者  日時: 2017年3月5日(日)
14:00~17:00
 会場: 同志社大学大阪サテライト・キャンパス 教室1 [OS1]
〒530-0001 大阪市北区梅田1-12-17 梅田スクエアビルディング17階
会場へのアクセス方法はこちらを参照。

<テーマ>
「スマートなるもの」の暴力批判——スマートシティをきっかけに

経産省が掲げる「スマートコミュニティ」なる都市の再開発は、「エネルギー」「セキュリティ」「モビリティ」「ウェルネス」「コミュニティ」「ファシリティ」などを提供する。スマートコミュニティ、スマートシティを旗印とする都市再開発は日本にとどまらず世界的に見られる。安全、安心、快適、エコロジカル、健康を集約する「スマート」なる審美的な言葉は、しかし、それが具体的に誰によって定義されるのか、誰がどのように実行するのかという問題をそっと隠している。本研究会では、原口剛氏の近著『叫びの都市』を出発点として、都市を形成する「スマートなるもの」が持つ政治性、暴力性について考えたい。ここでは一つの明確な言葉を求めるよりも、「スマート」を手がかりに、いくつもの批判的視点を増殖させていくことを目的としたい。

<発表>
「スマートなるものへの問いと抗い寄せ場研究の視座から」原口 剛(神戸大学)

<発表者>
原口 剛(神戸大学)

<コメンテーター>
北川眞也(三重大学)、二村太郎(同志社大学)、

<司会>
森 正人(三重大学)

<参考文献>
原口 剛 『叫びの都市―寄せ場、釜ヶ崎、流動的下層労働者』 洛北出版、2016年


<連絡先>
森 正人(三重大学)
masamori[at]human.mie-u.ac.jp 送信時は[at]を@に変えて下さい