大学院(オープン):地理学基礎問題研究・同演習 2019(後期)

境界と領域―その現実とイデオロギー
Borders and territories: their realities and ideologies

教室と時間: 文学部増築棟L363号室
毎週火曜日、午後1時20分から4時55分

担当: 山崎孝史(やまざきたかし)
連絡先: yamataka[at]lit.osaka-cu.ac.jp
担当者ホームページ: http://polgeog.jp/

I 担当教員のプロフィール

1961年京都市生まれ。2004年コロラド大学大学院博士課程修了(Ph.D.)。専門は政治地理学、特に地域社会軍事化、地政学、社会運動、アイデンティティ・ポリティクス。調査フィールドは沖縄。沖縄の基地所在市町村の変容、日米安全保障関係の変化と社会運動や投票行動との関わりを研究中。特技は合気道(四段)。

II 科目の主題

この科目は地理学という学問がどのような課題と方法を持つのかについて、19世紀初頭における近代地理学成立以来の発展過程を振り返りながら、考察することを目的とする。とりわけ1950年代以降の英語圏の地理学における諸スクールの研究分野と基本概念について詳細に検討します。なお、本演習は学部生でも受講可能です。

III 達成目標

今年度は政治地理学における境界・領域研究の入門編として、理論的、概念的、実証的に境界(ボーダー)と領域(テリトリー)をどのように考察・分析すべきかをテーマとします。特に境界や領域の物理的、機能的性格にとどまらず、その構築性、象徴性、イデオロギー性についても思考を拡げ、さらには境界・領土紛争への解決策についても考えます。

IV 授業内容・授業計画

文献の精読と議論を中心に進めます。

週番号 月日 テーマ 課題文献(予定)
1  1月7日  境界研究入門1 『境界から世界を見る』1~3章
2  1月14日  境界研究入門2 『境界から世界を見る』4~6章
3  1月21日  境界と領域1 『政治・空間・場所』6章、山﨑2016
4  1月28日  境界と領域2   The territorial trap (Agnew 1994)
5  2月4日  境界・領土紛争1 『領土という病』1・2章
6  2月x日(補講)  境界・領土紛争2 『領土という病』3~5章

V 評価方法

  1.  出席・参加:毎週の演習では教員・受講生間で課題文献の内容について討議します。必ず出席し、積極的に討議に参加してください。出席数が2/3以上の受講生を評価対象とします。(評価配分20%)
  2. リーディング・レポート:各週の授業日の前日午後5時までに、その週の課題文献について要約、論評、および疑問点を提示した1200字程度のショート・レポートを電子メールで政治地理ML(polgeog2010[at]lit.osaka-cu.ac.jp)あてに送付してください。(評価配分80%)
  3. 評価:評点が全体の60%以上の受講生を合格とします。

VI 教材・参考文献

本演習のテキストとして以下を用いますので、購入・入手しておいて下さい。論文はリンクからダウンロードできます。
・アレクサンダー・C.ディーナー、ジョシュア・ヘーガン(川久保文紀訳)(2015)『境界から世界を見る―ボーダースタディーズ入門』岩波書店
・山﨑孝史(2013)『政治・空間・場所―「政治の地理学」にむけて』ナカニシヤ出版
山﨑孝史(2016)「境界、領域、「領土の罠」―概念の理解のために」地理61-6,pp. 88-96、2016年
Agnew, J. 1994. The territorial trap: the geographical assumptions of international relations theory. Review of International Political Economy 1-1, pp. 53-80.
・岩下明裕編著(2014)『領土という病―国境ナショナリズムへの処方箋』北海道大学出版会

VII その他

演習の課題ほかについて相談したいことがある場合は、遠慮なく山崎までご連絡ください。

地理学演習II 2018(後期)

自己の関心の構造を知り、研究課題を練り上げる

時間と教室:
木曜日4限(14:45-16:15)
学術情報総合センター5階ラーニングコモンズ、1階「野のはなハウス」(地図参照)

担当教員:山崎孝史(やまざきたかし)
研究室:文学部棟358号室
電話:06-6605-2407
Eメール:yamataka[at]lit.osaka-cu.ac.jp
オフィスアワー:事前連絡があれば随時面談可能です。

I 担当教員のプロフィール

1961年京都市生まれ。専門は政治地理学、特に地政学、社会運動、アイデンティティ・ポリティクス。調査フィールドは沖縄。日米安全保障関係の変化と沖縄の社会運動や投票行動との関わりを研究中。特技は合気道(4段)。

II 演習概要

本演習はこれまでの専門科目の受講ならびに地理学演習Iを展開させる形で、自己の関心の構造を知り、取り組むべき課題を設定し、具体的な調査地と調査方法をイメージしながら、卒論計画書を作成します。本演習の集大成は年明けに予定されている第一回の卒論合同演習であり、今年度末の卒論・修論発表会への出席も義務付けられます。

III 演習の構成と評価

(1) 出席と参加 毎週の講義には必ず出席し、討論には積極的に参加して下さい。卒論・修論発表会への出席も義務付けられます。出席数が2/3以上の受講生を評価対象とします。欠席の場合は減点しますが、病欠などの場合は診断書や治療費領収書のコピー等を提出すれば減点しません。

(2) 課題プレゼンテーション 卒論計画書の作成に向けて、授業期間中数回の発表が義務付けられます。そのうち1回は卒論合同演習です。いずれも与えられた課題についてレジュメやパワーポイントを作成し、20分程度の発表を行います。(評価配分60点)

(3) 卒論計画書 卒論合同演習で使用する具体性のある卒論計画を作成します。(評価配分40点)

(4) 総得点60点以上を合格としますが、卒論計画書の提出がない場合は合格できません。

IV 演習内容

卒論のテーマの絞り込みは必ずしも容易ではありません。本演習ではお互いの研究関心について語り合い、評価しあって相互に刺激しあいながら各自のテーマを考えていきます。ある程度テーマが現れたら先行研究などを参考にしながら、具体的なフィールドをイメージし、研究方法について考えます。そして各自のフィールドと研究方法がある程度具体化した段階で、ゼミ合宿で発表・討議します。これら一連の過程を通して卒論計画書を作成していきます。質問は遠慮なく山崎まで。

 

週番号 月 日 テーマ
1 10月4日 イントロダクション:自己の指向と思考をさぐる
2 10月11日 マインドマッピングで頭の中を可視化する(1)
3 10月18日(予定) 4年生の経験から一年後の自分を想像する(兼卒論演習)
4 10月25日 マインドマッピングで頭の中を可視化する(2)
5 10月26日(金) 4年生卒論合同演習(一部でも必ず参加すること)
6 11月8日 キーワード検索で研究の現状を知る(1)
7 11月15日 キーワード検索で研究の現状を知る(2)
8 11月22日 学術論文の「構成」を読む(1)
9 11月29日 学術論文の「構成」を読む(2)
10 12月6日 Why仮説を建て、フィールドを考える(1)
12月13日 休講
11 12月20日 Why仮説を建て、フィールドを考える(2)
冬休み中 ぼちぼち卒論のテーマとフィールドを固め始める
12 1月17日 フィールドの成果発表と「卒論計画書」作成
1月31日 「卒論計画書」案提出締め切り(成績評定)
2月x日 第一次「卒論計画書」発表のためのゼミ合宿
13 2月16日 卒論・修論発表会(出席すること)
14 3月8日 卒論合同演習(第二次「卒論計画書」提出)

 

 

V 関連サイト

マインドマップについては、トニー・ブザンによるものが有名で、わかりやすく説明したサイトがあります。以下などを参照してください。 http://mindmap.ainest.com/howto.html

ただしツリー型のマインドマップは連想を前提としていますので、独立したかに見える思考が実は関連性を持つという「発見」に欠ける部分があります。そうした発見的な方法としては「KJ法」が有効です。KJ法については以下を参照してください。KJ法の考案者である川喜田二郎先生は本教室で助教授として勤務されていました。 http://www.ritsumei.ac.jp/~yamai/kj.htm

VI ゼミ合宿

学期終了後に提出された「卒論計画書」について集中的に討論し、フィールドで検証するために、ゼミ合宿を企画します。平成28年度は沖縄県沖縄島・与那国島・石垣島、29年度は広島県尾道市・広島市で実施しました。詳しい準備と旅程については演習中にお知らせしていきます。